農業収入ゼロの百姓が気ままに綴る日々
by shimazuku
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
more...
最新の記事
77歳・スマホ 2018/1..
at 2018-12-12 14:56
雨読メモ29/18『ヤノマミ..
at 2018-12-03 12:06
雨読メモ28/18『ナショナ..
at 2018-12-01 11:27
雨読メモ27/18 『鉄道員..
at 2018-11-15 09:26
柴木川渓谷を歩く 2018/..
at 2018-11-11 22:12
記事ランキング
フォロー中のブログ
日替わり定食
山に暮らせば
隣のカモミール ~妻ラン...
最新のコメント
よう言った! パチパチ!
by toshi at 20:01
同感!
by toshi at 10:21
山口のタクシー会社さんの..
by umiko0 at 07:57
umikoOさん、コメン..
by shimazuku at 19:13
幼いころのタンポポと言え..
by umiko0 at 10:38
涙が出そうなくらい残念な..
by yumeko at 11:10
ぷっ♪ ま、メグ・..
by umiko0 at 13:52
高すぎる 信じられん ..
by anglimala at 21:44
なんでもプレオープンの入..
by 本当の噂話 at 23:30
はじめまして、zakky..
by zakky at 07:24
メモ帳
ライフログ
検索
ファン
画像一覧

2018年 11月 15日 ( 1 )

雨読メモ27/18 『鉄道員』 2018/11/14

 中学から高校のころイタリア映画が輝いていた。マカロニウエスタンではない。例えば「道」。フェデリコ・フェリーニ監督作品でニーノ・ロータの主題曲とともに思い出す。「甘い生活」や「刑事」もよかった。

なんといっても「鉄道員」。ピエトロ・ジェルミ監督・主演作品で、カルロ・ルスティケリの主題曲は終生忘れられない。家庭では頑固一徹の老いた鉄道機関士、SLから電気機関車に切り替わる時代の悲哀、年の離れた末っ子の息子とのほのぼのとしたふれあい…。何度見たことか。

*************

鉄道員(ぽっぽや)(浅田次郎著・集英社文庫・2000年刊)

d0165740_09193956.jpg

書店で目にするたびに、あのイタリア映画がよみがえる。でもこの本のタイトルには「ぽっぽや」とルビが振ってある。紛らわしいことに、この作品は映画化されて話題にもなった。で、とうとう買ってきて読んだ。

目次を見て、本書が8つの作品を収めた短編集であることを知った。本のタイトル作品が冒頭に出てくる。映画は見ていない。亡き妻や娘をめぐる幻想的な記述、同僚との深い交わり、北海道のローカル線、定年を前にした終着駅の駅長、そして雪の中での死。一気に読み終えた。

続いて「ラブ・レター」。偽装結婚に名義貸しした、いかがわしいビデオ屋店長宛てに、顔も名前も知らない中国人「妻」から届いた死後の手紙。売春婦として千葉で働く彼女が、たどたどしい感謝の言葉とともに綴っていたのは、自分を同じ墓に埋めてほしいという願い…。

「角筈にて」「うらぼんえ」などに続いて、巻末作品が「オリオン座からの招待状」。

京都・西陣の元歓楽街にある映画館の閉館、その街で子供時代をともに過ごし、東京に暮らす別居夫婦に届いた招待状。複雑な思いを胸に向かった京都。子供のころそうだったように映写室から見る最後の映画は「幕末太陽傳」。館主亡き後、館主の妻と結婚して館を守ってきた映写技師。彼が語るオリオン座と西陣をめぐる物語は、親から聞かされていたうわさ話とは違っていた。そして、日帰りで東京の別居暮らしに戻るはずの二人は、京都駅へ向かうタクシーの行く先を老舗ホテルに変えた。

どれも実に濃密な作品だ。好みは人さまざまだろうが、僕が選ぶとすれば、「ぽっぽや」「角筈にて」と「オリオン座…」かな? 特に「オリオン座…」は西陣の灯が細くなり始めた時代が舞台。それは1960年代前半、僕の学生時代とぴったり重なる。そのころはまだ水上勉の『五番町夕霧楼』の舞台が名残をとどめていた。


 読み終えて知った。この短編集で浅田は直木賞をもらったという。思わず拍手したくなった。この先、何度か読み返す予感がする。


[PR]
by shimazuku | 2018-11-15 09:26 | Trackback | Comments(0)