農業収入ゼロの百姓が気ままに綴る日々
by shimazuku
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
more...
最新の記事
雨読メモ27/18 『鉄道員..
at 2018-11-15 09:26
柴木川渓谷を歩く 2018/..
at 2018-11-11 22:12
雨読メモ26/18 『原民喜..
at 2018-10-29 16:00
雨読メモ25/18 『斗南藩..
at 2018-10-13 15:00
雨読メモ24/18 『昭和の..
at 2018-10-10 09:31
記事ランキング
フォロー中のブログ
日替わり定食
山に暮らせば
隣のカモミール ~妻ラン...
最新のコメント
よう言った! パチパチ!
by toshi at 20:01
同感!
by toshi at 10:21
山口のタクシー会社さんの..
by umiko0 at 07:57
umikoOさん、コメン..
by shimazuku at 19:13
幼いころのタンポポと言え..
by umiko0 at 10:38
涙が出そうなくらい残念な..
by yumeko at 11:10
ぷっ♪ ま、メグ・..
by umiko0 at 13:52
高すぎる 信じられん ..
by anglimala at 21:44
なんでもプレオープンの入..
by 本当の噂話 at 23:30
はじめまして、zakky..
by zakky at 07:24
メモ帳
ライフログ
検索
ファン
画像一覧

雨読メモ16/18 『国体論』2018/06/11

朝から雨。関東の沖を通過中の台風5号の影響だという。昨日から今年3回目の草刈りを始めた。晴れ間を見ながらの仕事だから1週間はかかるだろう。

昨日のカープは3-03連勝。カープが勝つと翌朝の目覚めが早い。たいてい4時半前後には新聞を取りに出る。今日は休刊日。それでも起き出してネットで勝利を確認する。弱いものいじめのようで、浜田出身の梨田監督には気の毒なことをした。

『国体論』(白井聡著・集英社新書・20184月刊)

白井さんは『永続敗戦論』で知られる気鋭の政治思想学者。あの本には教えられることが多かった。新著は、天皇が退位に言及した「お言葉」に触発されて発想したらしい。

 「国体」という言葉で真っ先に連想するのは「国民体育大会」。マンネリと酷評されながらも相変わらず都道府県対抗レースが続いている。そしてもう一つ、「国体」で想起するのはポツダム宣言の受諾をめぐって繰り広げた「国体護持」論争。

 著者は明治維新から150年の節目に、この「国体」で現代をあぶり出した。

 副題にある「菊と星条旗」でおよそ想像はつくのだが、明治憲法のもとでの国体の主体が天皇だったのに対し、戦後はその成り立ちから今日まで、日本の主体は「星条旗」にあると断じる。

 それだけではない。現政権のもとでは、なりふり構わぬ対米従属が一層強まっていると分析する。「美しい日本」で戦後体制に異を唱えながら、一方でアメリカにしがみついて沖縄だけでなく、岩国までも差し出す。天皇との溝も深まっているかのようだ。

 これを「国体」という言葉で読み解くと、戦後はアメリカ従属こそが「国体」だということになる。戦前、天皇は慈愛にあふれた父だった。しかし、戦後になると天皇の上にアメリカを戴く体制になった。これこそが現在の「国体」だと著者は言う。

だから世界に例を見ない「思いやり予算」で米軍の基地を維持してもらう。露骨な保護主義を打ち出しても不満顔ひとつ見せず、異形の大統領をファーストネームで呼んですり寄る。日朝2国間の拉致問題も口利きをお願いする。まるで「踏まれても蹴られても、ついてゆきます下駄の雪」を地で行く。

 ルース・ベネディクトは『菊と刀』で、日本は「恥」の文化であると断じた。いまや、その恥もかなぐり捨ててしまった。新潟知事選で与党候補が辛勝した。どこまで強運の首相なのか。

 並行して読んだ小川和久著『日米同盟のリアリズム』(文春新書)でアジアを飛び越えた米軍の存在を確認した。日本にとって隣国であるアジアとの関係はどうなるのか。もう安倍時代ではないだろうに。


[PR]
by shimazuku | 2018-06-11 09:48 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://shimazuku.exblog.jp/tb/26887463
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。