農業収入ゼロの百姓が気ままに綴る日々
by shimazuku
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
more...
最新の記事
雨読メモ27/18 『鉄道員..
at 2018-11-15 09:26
柴木川渓谷を歩く 2018/..
at 2018-11-11 22:12
雨読メモ26/18 『原民喜..
at 2018-10-29 16:00
雨読メモ25/18 『斗南藩..
at 2018-10-13 15:00
雨読メモ24/18 『昭和の..
at 2018-10-10 09:31
記事ランキング
フォロー中のブログ
日替わり定食
山に暮らせば
隣のカモミール ~妻ラン...
最新のコメント
よう言った! パチパチ!
by toshi at 20:01
同感!
by toshi at 10:21
山口のタクシー会社さんの..
by umiko0 at 07:57
umikoOさん、コメン..
by shimazuku at 19:13
幼いころのタンポポと言え..
by umiko0 at 10:38
涙が出そうなくらい残念な..
by yumeko at 11:10
ぷっ♪ ま、メグ・..
by umiko0 at 13:52
高すぎる 信じられん ..
by anglimala at 21:44
なんでもプレオープンの入..
by 本当の噂話 at 23:30
はじめまして、zakky..
by zakky at 07:24
メモ帳
ライフログ
検索
ファン
画像一覧

田植え終了 2018/05/07

百姓を名乗っているからには、大型連休をのんびり過ごすわけにはゆかない。農繁期なのだ。年金生活に入ってからも、田植えは5月3、4、5日と決めている。少し早すぎるとも思うのだが、台風を避けて9月初旬に稲刈りをするには、このタイミングしかない。

 中学生の孫2人が帰省して苗運びを手伝ってくれた。小学生の頃は泥んこになっていたが、いまはそんなこともない。カエル、サワガニ、イモリに興味を示すこともなくなった。休耕田にキジがいても、いつもの風景なので大騒ぎしない。

 田植え機を使うと、田んぼの隅や機械が方向転換するところはあとから補植しなくてはならない。苗がうまく供給されないと苗を植えてくれない。それやこれやで、機械を動かす時間以上に補植に手間がかかる。これもまあ例年のこと。ただ、昨日、今日と雨続きだから、補植は明日以降に先送り。

 雨よけハウスにトマト、スイカを植えた。トウモロコシも苗床から出して移植した。ジャガイモの土寄せも済ませた。露地イチゴが熟れ始めたので獣と鳥に食べられないよう電気柵とネットを張った。グリーンピース、ソラマメがぐんぐん伸びる。孫たちが来てくれたおかげで、こうしたこまごました野菜の世話もはかどった。

 八戸に単身赴任していた長男は、2年の勤務を終えて4月末に神奈川へ戻ってきた。もう48歳。その子供たち、つまり僕の孫は大学と高校へ進んで新生活を始めたばかり。メールで送ってくれた写真を見ると、ずいぶん大人びてきた。

 自給自足だから切迫感は薄いが、それでも一応は百姓。お天とうさんと相談しながら、近々2度目の草刈りをしなければならない。書庫を見ると、買っただけで一度も目を通していない本がたくさんある。これらも読みたい。2、3冊ずつ持ち出してきて部屋に積んである。

 気分だけはゆったりと生きたい。


[PR]
by shimazuku | 2018-05-07 09:12 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://shimazuku.exblog.jp/tb/26761140
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。