農業収入ゼロの百姓が気ままに綴る日々
by shimazuku
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
more...
最新の記事
雨読メモ27/18 『鉄道員..
at 2018-11-15 09:26
柴木川渓谷を歩く 2018/..
at 2018-11-11 22:12
雨読メモ26/18 『原民喜..
at 2018-10-29 16:00
雨読メモ25/18 『斗南藩..
at 2018-10-13 15:00
雨読メモ24/18 『昭和の..
at 2018-10-10 09:31
記事ランキング
フォロー中のブログ
日替わり定食
山に暮らせば
隣のカモミール ~妻ラン...
最新のコメント
よう言った! パチパチ!
by toshi at 20:01
同感!
by toshi at 10:21
山口のタクシー会社さんの..
by umiko0 at 07:57
umikoOさん、コメン..
by shimazuku at 19:13
幼いころのタンポポと言え..
by umiko0 at 10:38
涙が出そうなくらい残念な..
by yumeko at 11:10
ぷっ♪ ま、メグ・..
by umiko0 at 13:52
高すぎる 信じられん ..
by anglimala at 21:44
なんでもプレオープンの入..
by 本当の噂話 at 23:30
はじめまして、zakky..
by zakky at 07:24
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
ファン
画像一覧

雨読メモ 08/17『1984年』 2017/08/14

神奈川に住む孫たちは大学、高校受験で帰らず、広島の孫たちは昨日まで3日間いただけで出雲へ墓参りに行った。われわれ夫婦は、少し涼しくなったおかげで、のんびりとお盆の休息。


稲穂が日ごとに色づき、その上をトンボが飛行している。家族を増やしたツバメが集合し、50羽あるいは100羽単位で電線に整列している。南へ旅立つには少し早い。


過日、しめ縄用の稲を緑色があせないうちに刈り取った。来月初旬の稲刈り本番を前にした予行演習のようなものだ。刈り終えた稲は年末のしめ縄づくり講座に使うようだ。当方は栽培するだけ、米を収穫するわけではないので、半日足らずで作業は終わった。


昼は高校野球、夕方からはカープ。阿部慎之助2000本安打。49人目。そんなにすごいことなのかね??

        ****************

1984年』(ジョージ・オーウェル著・高橋和久訳・ハヤカワ文庫)

d0165740_11284216.jpg

1948(昭和23)年に書き終え、翌49年に出版されたディストピア(反ユートピア)小説。共産主義であれファシズムであれ全体主義の恐怖をSFとして描いた作品。これまで未読だった僕も一応、知識としては知っていた。


「トランプ政権誕生で再びベストセラー」というキャッチコピーに乗せられて買ってきた。欧米では知名度の高い作品らしいが、僕と似たり寄ったりで実際に読んだ人は少ないらしい。


なにしろ第二次世界大戦直後という時代背景を頭に入れておかないと、頭が混乱する。おまけに「1984年」という時代は33年も前のことだから、余計ややこしい。


1950年代の核戦争を経て、1984年の世界はオセアニア(主に現在の英語圏)、ユーラシア(共産圏)、イースタシア(中国、日本などアジア圏)という3つの全体主義国家に分かれ、勝利することのない争いを続けているという設定。舞台はロンドン。


すべての国民が映像と音声で監視され、ビッグ・ブラザーと呼ばれるリーダーの元、歴史は党に都合のよいよう常に書き換えられている。2+2=5が正しいと信じ(させられ)ている。4が正解というと罰せられる。「戦争は平和である」「自由は隷属である」「無知は力である」というのが党のスローガン。


政府は「平和省(つまり戦争省)」「豊富省(配給・統制省)」「真理省(歴史改ざん省)」「愛情省(逮捕・尋問・処刑省)」などで組織され、国民は徹底した国家統制のもとにある。


あるときそれらに疑いを抱いた主人公は、別居中の妻とは別の女性と密会を重ね、禁止されている日記を書き、やがて捕らわれの身となって拷問を受ける。そして主人公は自らの反国家的な思想を捨て、いつか訪れる処刑の日を待ちながら党の思想に染まってゆく。


まったくおぞましい小説である。でもこういう国家は、ひそかに忍び寄ってきて生まれるかもしれない。日本を含め、いま世界にはそういう野望に心ひかれるリーダーがいないだろうか。

 ついでながら村上春樹の『1Q84』は未読である。果たして読むことがあるかどうか。


[PR]
by shimazuku | 2017-08-14 11:33 | 雨読ノート | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://shimazuku.exblog.jp/tb/25308853
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。