農業収入ゼロの百姓が気ままに綴る日々
by shimazuku
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
more...
最新の記事
雨読メモ27/18 『鉄道員..
at 2018-11-15 09:26
柴木川渓谷を歩く 2018/..
at 2018-11-11 22:12
雨読メモ26/18 『原民喜..
at 2018-10-29 16:00
雨読メモ25/18 『斗南藩..
at 2018-10-13 15:00
雨読メモ24/18 『昭和の..
at 2018-10-10 09:31
記事ランキング
フォロー中のブログ
日替わり定食
山に暮らせば
隣のカモミール ~妻ラン...
最新のコメント
よう言った! パチパチ!
by toshi at 20:01
同感!
by toshi at 10:21
山口のタクシー会社さんの..
by umiko0 at 07:57
umikoOさん、コメン..
by shimazuku at 19:13
幼いころのタンポポと言え..
by umiko0 at 10:38
涙が出そうなくらい残念な..
by yumeko at 11:10
ぷっ♪ ま、メグ・..
by umiko0 at 13:52
高すぎる 信じられん ..
by anglimala at 21:44
なんでもプレオープンの入..
by 本当の噂話 at 23:30
はじめまして、zakky..
by zakky at 07:24
メモ帳
ライフログ
検索
ファン
画像一覧

ブドウつくりに本気 2013/04/20

 16日から5日間、田植え準備に追われた。暑かったと思えば19日午後から寒くなり、きょう北広島の農協へ農機具の修理に行ったらみぞれ。気温は4℃。冬物を引っ張り出し、おまけに灯油を買いに走った。北広島でも芸北は間違いなく雪だっただろう。

 さて、春先から暇を見てはブドウ栽培に気合を入れている。一昨年植えたピオーネの苗が3メートルくらいに伸びて、ハウスを建てた。太い鋼管を12本立て、その上にアーチ状に屋根を組み、透明のビニールをかけて風に飛ばされないよう固定した。投資額はウン万円。これだけ見れば堂々たるブドウ農家だ。

 ブドウの蔓は3本の太い針金に巻き付いて枝を伸ばしてくれるハズだ。ぐうたら百姓がこんなことを始めたものだから、近所の人が冷やかし半分で見学に来る。ブドウの教科書によると、ブドウの蔓は左右に8メートルくらい枝を張るハズである。3年目だから収穫可能になるハズ。春休みに帰省した4人の孫たちに「ブドウ送ってやるからな」と約束したから、失敗は許されない。

 寒暖を繰り返す困った天気が続くが、ブドウは新芽がのぞきかけている。そばのソメイヨシノは散り、タケノコが顔を出し、コゴミやタラの芽も食膳をにぎわせてくれている。爺さんの鼻高々の姿を孫たちに見せるためにも、夏まで慎重に管理しなくては。ワイフの実家や妹の嫁ぎ先のブドウは幹が腕の太さくらいになっているから、是が非でも成功させなくてはと思う。

 ここで正直に告白すると、もう10年以上前からブドウを植えては失敗している。柿、栗、梅、キウイフルーツはほぼ順調なのに、ブドウだけはうまく育たない。ハウスを建てたのも、こんな事情からである。ついでながら、昨年秋ミカンも植えた。欲張りすぎか。
[PR]
by shimazuku | 2013-04-20 21:51 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://shimazuku.exblog.jp/tb/18593471
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。