農業収入ゼロの百姓が気ままに綴る日々
by shimazuku
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
more...
最新の記事
雨読メモ27/18 『鉄道員..
at 2018-11-15 09:26
柴木川渓谷を歩く 2018/..
at 2018-11-11 22:12
雨読メモ26/18 『原民喜..
at 2018-10-29 16:00
雨読メモ25/18 『斗南藩..
at 2018-10-13 15:00
雨読メモ24/18 『昭和の..
at 2018-10-10 09:31
記事ランキング
フォロー中のブログ
日替わり定食
山に暮らせば
隣のカモミール ~妻ラン...
最新のコメント
よう言った! パチパチ!
by toshi at 20:01
同感!
by toshi at 10:21
山口のタクシー会社さんの..
by umiko0 at 07:57
umikoOさん、コメン..
by shimazuku at 19:13
幼いころのタンポポと言え..
by umiko0 at 10:38
涙が出そうなくらい残念な..
by yumeko at 11:10
ぷっ♪ ま、メグ・..
by umiko0 at 13:52
高すぎる 信じられん ..
by anglimala at 21:44
なんでもプレオープンの入..
by 本当の噂話 at 23:30
はじめまして、zakky..
by zakky at 07:24
メモ帳
ライフログ
検索
ファン
画像一覧

カツラの木とたたら 2013/04/07

 先月30日に松江自動車道と中国道がつながり、広島と松江がずいぶん近くなった。それを見越してささやかな「たたらツアー」を企画し、2日と3日に8人で奥出雲を旅した。訪ねたのは雲南市吉田町と仁多郡奥出雲町。あいにく雨だったが、たたらの里は3分咲きの桜が迎えてくれた。

 初日は旧吉田村。三次東から通行料無料の松江道に入り、口和、高野を経て雲南吉田インターに午前11時到着。道の駅「たたら場壱番地」で地図やパンフレットを手に入れ、田部家、鉄の歴史村博物館から菅谷たたらへ。高殿のそばにカツラの巨木があり、ピンクの花を期待したが、今年はもう花の時期は終わったと聞いてがっかり。

 おまけに菅谷たたらは高殿と元小屋(事務所)が修復工事で全体がすっぽりと覆われ、かつてのたたずまいをしのぶことはできなかった。地元のガイドさんが気の毒がって、実に丁寧に案内してくださり、アマチュア写真家が撮影したカツラの花の写真まで拝見した。

 中国山地のたたらには、たいていカツラの木がある。播磨の国からシラサギに乗って女神である金屋子神が比田の里(安来市広瀬町西比田)のカツラの木に舞い降りた。そこが「金屋子神社」の総本社。というわけで縁起をかついで、たたらには立派な鉄の誕生を願ってカツラの木が植えてある。

 菅谷たたらのカツラは樹齢350年という巨木で、夏になると高殿を覆わんばかりに丸い葉が繁る。この木に濃いピンクの花が咲くと聞いたのはもう30年近く前だった。一度見たいと願っているが、写真でしか見たことがない。菅谷のカツラは高台から見下ろせるから、とりわけ見事なのだという。

 2日目。奥出雲町横田の「日刀保たたら」を訪ねたら、吉田より標高が高いためか、金屋子神社のそばのカツラがちょうど花をつけていた。咲き始めたばかりだったが、確かにピンクが美しい。ただ、ここは下から見上げるしかないので、全体を見渡すことはできなかった。

 写真には全く自信がない。でも、菅谷のカツラが花をつけた姿はぜひ撮影したい。
[PR]
by shimazuku | 2013-04-07 17:56 | 中国山地 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://shimazuku.exblog.jp/tb/18494663
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。