農業収入ゼロの百姓が気ままに綴る日々
by shimazuku
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
more...
最新の記事
雨読メモ27/18 『鉄道員..
at 2018-11-15 09:26
柴木川渓谷を歩く 2018/..
at 2018-11-11 22:12
雨読メモ26/18 『原民喜..
at 2018-10-29 16:00
雨読メモ25/18 『斗南藩..
at 2018-10-13 15:00
雨読メモ24/18 『昭和の..
at 2018-10-10 09:31
記事ランキング
フォロー中のブログ
日替わり定食
山に暮らせば
隣のカモミール ~妻ラン...
最新のコメント
よう言った! パチパチ!
by toshi at 20:01
同感!
by toshi at 10:21
山口のタクシー会社さんの..
by umiko0 at 07:57
umikoOさん、コメン..
by shimazuku at 19:13
幼いころのタンポポと言え..
by umiko0 at 10:38
涙が出そうなくらい残念な..
by yumeko at 11:10
ぷっ♪ ま、メグ・..
by umiko0 at 13:52
高すぎる 信じられん ..
by anglimala at 21:44
なんでもプレオープンの入..
by 本当の噂話 at 23:30
はじめまして、zakky..
by zakky at 07:24
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
ファン
画像一覧

モアイ像? 2012/12/20

 「ブログの左上にあるモアイ像のような写真は何ですか」。2人のブログ読者から最近、こんな質問が寄せられました。

 そうなんです。モアイ像なんです。 でもチリの孤島イースター島から運んできたのではありません。石材店に野ざらしになっていたのを台座をつけて買い求めたのです。高さ80センチ、台座を含めると160センチくらい。制作者不明。材料はおそらく花崗岩。
d0165740_16381136.jpg

 かねてから、我が家を訪ねてくる人に場所を説明するのがめんどうで、識別しやすいランドマークがほしいと思っていました。そして、もう20年以上も前から、通勤途上の石屋さんに無造作に置いてある石像が気になっていました。そうだ、あのモアイ像を我が家の入り口に置いてみよう-と思い立ったのです。
d0165740_1640480.jpg

 僕が暮らす20軒ほどの集落には、我が家と同姓の家が5軒あります。ややこしいので昔から屋号で呼び合ってきました。でも外の人には屋号は通用しません。家の位置を右だ左だ、上だ下だと電話で説明してもラチがあきません。そこで「モアイ像のある家」で識別してもらおうと・・・。

 像の背面に何かまじないのような図形が彫り込んであります。意味は分かりません。
d0165740_16431148.jpg

 ところで、チリ地震津波の被害に遭った宮城県南三陸町には、チリから贈られたモアイ像があったと聞きました。それが昨年の東日本大震災で流されてしまったのです。被災地を訪れた大統領が、新しい像を贈ると約束し、いまモアイ像は日本への航海途上にあるとのこと。

 イースター島の本物のモアイは20トンを超える巨大なものもあるようです。かつて森林におおわれていたイースター島が草だけの島になったのは、モアイ像づくりを競い合った結果とも言われています。

 考古学者ヘイエルダールも解き明かせなかったモアイの謎。我が家を訪ねる人も、モアイ像「もどき」を目にして笑いをかみ殺したり、首をひねったりします。それを横目に僕はほくそえんでいます。
[PR]
by shimazuku | 2012-12-20 16:27 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://shimazuku.exblog.jp/tb/17470089
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。