農業収入ゼロの百姓が気ままに綴る日々
by shimazuku
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
more...
最新の記事
雨読メモ27/18 『鉄道員..
at 2018-11-15 09:26
柴木川渓谷を歩く 2018/..
at 2018-11-11 22:12
雨読メモ26/18 『原民喜..
at 2018-10-29 16:00
雨読メモ25/18 『斗南藩..
at 2018-10-13 15:00
雨読メモ24/18 『昭和の..
at 2018-10-10 09:31
記事ランキング
フォロー中のブログ
日替わり定食
山に暮らせば
隣のカモミール ~妻ラン...
最新のコメント
よう言った! パチパチ!
by toshi at 20:01
同感!
by toshi at 10:21
山口のタクシー会社さんの..
by umiko0 at 07:57
umikoOさん、コメン..
by shimazuku at 19:13
幼いころのタンポポと言え..
by umiko0 at 10:38
涙が出そうなくらい残念な..
by yumeko at 11:10
ぷっ♪ ま、メグ・..
by umiko0 at 13:52
高すぎる 信じられん ..
by anglimala at 21:44
なんでもプレオープンの入..
by 本当の噂話 at 23:30
はじめまして、zakky..
by zakky at 07:24
メモ帳
ライフログ
検索
ファン
画像一覧

矢上盆地に酔う 2012/10/26

 穏やかな秋の一日を島根県邑南町の矢上で過ごした。目的は大阪の大学から地域づくりアドバイザーとしてやってくる准教授に会うためである。でも、面会時間より3時間も早く現地入りしたため、旧知の「縄文村」のオヤジと喋りまくった。

 「縄文村」は半世紀くらい前の田舎料理に「バイキング」と「自然食」というネーミングで味付けをほどこした実に風変わりなレストランである。オヤジが働いている姿を目にしたことは一度もない。奥さんとスタッフが手作りした料理を、めいめい好きなだけお皿にとって味わう。昼食専門で頼めばアルコールも出るが、基本は食べること。おひとり様1500円。この店のすぐ下手にも手作りの店でカレーと石窯ピザだけをつくる「楽人(たのしびと)」があって、これも相当に変わっている。

 さて「縄文村」の売りは、行かれた方にはすぐわかることだが、オープンビュッフェとでも言えばよいのか、高台にせり出したテラスで食事をしながら眼下に広がる景観を楽しめることである。浜田道の開通に合わせて新たに開かれた原山トンネルのそばにあって、矢上盆地を一望できる。正面に見える冠山、盆地の田園風景と赤瓦の民家が、中国山地の1960年代を思い起こさせてくれる。

 矢上盆地が太古の昔からこんな景色だったわけではない。ここは中国山地で最大の産業だった鑪(たたら)製鉄が作り出した景観である。わかりやすく言うと、鑪製鉄に必要な砂鉄を採取するため、幾世紀にもわたって山を掘り崩した結果、いま目にするような風景に変わった。つまり丘陵地が盆地になった。砂鉄の含有量が少ないところ、岩石が砂鉄採取を拒んだところは小高い丘として残り、採取跡地に水田、畑、屋敷ができた。いわば製鉄文化と砂鉄採取跡地で営まれた稲作文化が融合して生まれた景観なのだ。

 こんな地形は中国山地のあちこちにある。山ひとつ隔てた旧瑞穂町、浜田市弥栄、金城、三隅の各町、雲南市や奥出雲町、安来市、鳥取県日南町、岡山県新見市、広島県庄原市、北広島町などがそうだ。

 そんな中でも矢上は高台から一望できるのが魅力だろう。高台の山林を所有していたオヤジが、ほぼ手作りで開いたのが「縄文村」である。ここには変な人が出入りする。芸術家だったり、学者だったり、物書きだったり。久しぶりに訪ねた昨日は広島で活動する歌手のグループが来ていて、お客に「花」「リンゴのふるさと」「津軽平野」などを聞かせてくれた。

 酒は飲まなかったが景色と人に酔い、肝心の准教授との面談は夕方1時間ほどで終わった。
 (週に1回ていど更新します)
 
[PR]
by shimazuku | 2012-10-26 10:11 | 中国山地 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://shimazuku.exblog.jp/tb/17057616
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。