農業収入ゼロの百姓が気ままに綴る日々
by shimazuku
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
以前の記事
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
more...
最新の記事
春の淡雪 2019/03/16
at 2019-03-16 10:11
雨読メモ 07/19『無私の..
at 2019-03-12 22:09
雨読メモ 06/19『日本軍..
at 2019-03-02 17:00
雨読メモ 05/19『動物の..
at 2019-02-26 10:39
雨読メモ 04/19 『国家..
at 2019-02-18 11:11
記事ランキング
フォロー中のブログ
日替わり定食
山に暮らせば
隣のカモミール ~妻ラン...
最新のコメント
よう言った! パチパチ!
by toshi at 20:01
同感!
by toshi at 10:21
山口のタクシー会社さんの..
by umiko0 at 07:57
umikoOさん、コメン..
by shimazuku at 19:13
幼いころのタンポポと言え..
by umiko0 at 10:38
涙が出そうなくらい残念な..
by yumeko at 11:10
ぷっ♪ ま、メグ・..
by umiko0 at 13:52
高すぎる 信じられん ..
by anglimala at 21:44
なんでもプレオープンの入..
by 本当の噂話 at 23:30
はじめまして、zakky..
by zakky at 07:24
メモ帳
ライフログ
検索
ファン
画像一覧

文字通り「雨読」三昧 2012/10/17

 半月以上も降らなかった雨が、咲き始めた菊の花を濡らしている。こんな日は本を読むに限る。2週間ほどかかった一書を午前中に読み終えた。やはり雨は百姓を落ち着かせてくれる。

 タイトルが長い。『創造的地域社会-中国山地に学ぶ超高齢社会の自立』(松永桂子著・新評論・3000円+税・2012/6月刊)。半農半Xの年金暮らしの身にはいささか高価ではあったが、テーマが中国山地とあっては読まないわけにゆかない。

 以下はその感想文。
d0165740_14482791.jpg
 過疎の先発地帯である中国山地は、時を経ていま超高齢社会を迎えている。高齢社会の行き着く先など考えたくもないが、そんな厳しい環境に踏みとどまっている人たちが、どうしてどうして実に創造的な営みを展開している。

 大阪市立大准教授である著者は、前任の島根県立大時代から中国山地を訪ね歩き、高齢化が進む地域でひたむきに生きる人たちから、高齢社会の先駆的な取り組みを汲み上げようとしてきた。本書は島根、広島の事例を検証し、それらの事例から普遍性を抽出した試みである。キーワードは「自立」「自治」。

 事例検証で取り上げたのは広島県安芸高田市の「川根振興協議会」、島根県雲南市の「吉田ふるさと村」、島根県益田市匹見町の女性起業など多岐にわたる。

 川根振興協議会は40年を超える歴史を通して地域自治を実践してきた。閉鎖される農協のミニスーパー、ガソリンスタンドを引き継ぎ、交通弱者のためにデマンドバスを走らせ、学校存続のために「お好み住宅」と名付けた公営住宅を建てて児童確保を図るなど、地域に必要な機能を維持するために自らが事業を興し、自治体を動かした。

 「株式会社・吉田ふるさと村」は「鉄の歴史村宣言」による村づくりで知られる奥出雲地域の旧吉田村に設立された。特産品開発、販売からスタートして、水道事業、バス運行、観光事業などで村の最大の企業に成長し、いまや地域をリードする役割を担う。

 益田市匹見町の女性たちは都市との交流、特産品づくり、地域に残る民家(旧庄屋)を利用した高級和食による地域づくりなど、高齢をものともせずアイデアあふれる取り組みで都市住民を引き付けている。

 これらの取り組みは、自立自助の精神をもって地域の人を巻き込み、役所や農協を動かしてきた。農業の六次産業化を促し、福祉をも視野に入れたビジネスを展開し、高齢化という負の連鎖に立ち向かう。検証過程において、いささか楽観に過ぎる分析も感じないではないが、従来にない新たな共同体への思い入れは、それを実践してきた人たちに大きな勇気を与えるだろう。

 縁あってこれらの地域を2年がかりで訪ね歩いた直後だけに、著者のまなざしの温かさを感じた。
 (週に一回でいど更新します)
by shimazuku | 2012-10-17 13:10 | 雨読ノート | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://shimazuku.exblog.jp/tb/17008220
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。