農業収入ゼロの百姓が気ままに綴る日々
by shimazuku
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
以前の記事
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
more...
最新の記事
春の淡雪 2019/03/16
at 2019-03-16 10:11
雨読メモ 07/19『無私の..
at 2019-03-12 22:09
雨読メモ 06/19『日本軍..
at 2019-03-02 17:00
雨読メモ 05/19『動物の..
at 2019-02-26 10:39
雨読メモ 04/19 『国家..
at 2019-02-18 11:11
記事ランキング
フォロー中のブログ
日替わり定食
山に暮らせば
隣のカモミール ~妻ラン...
最新のコメント
よう言った! パチパチ!
by toshi at 20:01
同感!
by toshi at 10:21
山口のタクシー会社さんの..
by umiko0 at 07:57
umikoOさん、コメン..
by shimazuku at 19:13
幼いころのタンポポと言え..
by umiko0 at 10:38
涙が出そうなくらい残念な..
by yumeko at 11:10
ぷっ♪ ま、メグ・..
by umiko0 at 13:52
高すぎる 信じられん ..
by anglimala at 21:44
なんでもプレオープンの入..
by 本当の噂話 at 23:30
はじめまして、zakky..
by zakky at 07:24
メモ帳
ライフログ
検索
ファン
画像一覧

カレンダー

2011/12/05(月)
 ここ数年、師走になると必ず買うものがある。それはカレンダー。
 本屋さんなどに行くと、いろんなテーマのものがあるが、僕が買うのは犬。それも柴犬と決まっている。
 もう5年前になるか、3代目の豆柴「むさし」が悲惨な最期を遂げた。あのショックで僕たち夫婦は「しばらく柴犬を飼うのをやめよう」と決めた。どちらかが柴を手に入れてくれば、文句なしに家族の一員になるのだろうけれど、僕もワイフもそれができない。きっと5年前の悲劇を思い出すに違いないからである。
 そこで、柴を飼う代わりにカレンダーを眺めて、お互いに「相性がよさそうだ」とか「2代目に似ている」とか言いながら、月々カレンダーをめくるたびに、どんな柴犬が登場するか楽しみにしている。気に入った写真は捨てずにとっておく。時にそれを広げて夫婦で観賞する。子犬は子犬なりに、老犬は老犬なりに、3代、30年近く連れ添った「むさし」を思い起こさせてくれる。
 でも、ワイフは「もうそろそろ、生きた柴を」と思い始めているようだ。口には出さないけれど、カレンダーを見上げるまなざしで、それとわかる。ワイフもまた「あなた、飼いたいんでしょう?」とカマをかけてくる。
 5年前は「もう金輪際飼わない」と堅く心に誓ったはずなのに、最近はなんだか夫婦の我慢比べ状態が続いている。来年のカレンダーに気に入ったものがなかったので、あれこれ調べて版元に直接注文した。それをワイフに伝えたら「来年も、カレンダー、なの?」と言葉をつなぎながら言った。
 年が明ければカレンダーと4代目「むさし」が同居することになるのかな? でも、その第一歩を僕とワイフのどちらが踏み出すか。それこそが問題なのだ。
 この気持、わかってもらえますか。
by shimazuku | 2011-12-05 23:42 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://shimazuku.exblog.jp/tb/15061984
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。