農業収入ゼロの百姓が気ままに綴る日々
by shimazuku
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
more...
最新の記事
雨読メモ27/18 『鉄道員..
at 2018-11-15 09:26
柴木川渓谷を歩く 2018/..
at 2018-11-11 22:12
雨読メモ26/18 『原民喜..
at 2018-10-29 16:00
雨読メモ25/18 『斗南藩..
at 2018-10-13 15:00
雨読メモ24/18 『昭和の..
at 2018-10-10 09:31
記事ランキング
フォロー中のブログ
日替わり定食
山に暮らせば
隣のカモミール ~妻ラン...
最新のコメント
よう言った! パチパチ!
by toshi at 20:01
同感!
by toshi at 10:21
山口のタクシー会社さんの..
by umiko0 at 07:57
umikoOさん、コメン..
by shimazuku at 19:13
幼いころのタンポポと言え..
by umiko0 at 10:38
涙が出そうなくらい残念な..
by yumeko at 11:10
ぷっ♪ ま、メグ・..
by umiko0 at 13:52
高すぎる 信じられん ..
by anglimala at 21:44
なんでもプレオープンの入..
by 本当の噂話 at 23:30
はじめまして、zakky..
by zakky at 07:24
メモ帳
ライフログ
検索
ファン
画像一覧

雨読メモ27/18 『鉄道員』 2018/11/14

 中学から高校のころイタリア映画が輝いていた。マカロニウエスタンではない。例えば「道」。フェデリコ・フェリーニ監督作品でニーノ・ロータの主題曲とともに思い出す。「甘い生活」や「刑事」もよかった。

なんといっても「鉄道員」。ピエトロ・ジェルミ監督・主演作品で、カルロ・ルスティケリの主題曲は終生忘れられない。家庭では頑固一徹の老いた鉄道機関士、SLから電気機関車に切り替わる時代の悲哀、年の離れた末っ子の息子とのほのぼのとしたふれあい…。何度見たことか。

*************

鉄道員(ぽっぽや)(浅田次郎著・集英社文庫・2000年刊)

d0165740_09193956.jpg

書店で目にするたびに、あのイタリア映画がよみがえる。でもこの本のタイトルには「ぽっぽや」とルビが振ってある。紛らわしいことに、この作品は映画化されて話題にもなった。で、とうとう買ってきて読んだ。

目次を見て、本書が8つの作品を収めた短編集であることを知った。本のタイトル作品が冒頭に出てくる。映画は見ていない。亡き妻や娘をめぐる幻想的な記述、同僚との深い交わり、北海道のローカル線、定年を前にした終着駅の駅長、そして雪の中での死。一気に読み終えた。

続いて「ラブ・レター」。偽装結婚に名義貸しした、いかがわしいビデオ屋店長宛てに、顔も名前も知らない中国人「妻」から届いた死後の手紙。売春婦として千葉で働く彼女が、たどたどしい感謝の言葉とともに綴っていたのは、自分を同じ墓に埋めてほしいという願い…。

「角筈にて」「うらぼんえ」などに続いて、巻末作品が「オリオン座からの招待状」。

京都・西陣の元歓楽街にある映画館の閉館、その街で子供時代をともに過ごし、東京に暮らす別居夫婦に届いた招待状。複雑な思いを胸に向かった京都。子供のころそうだったように映写室から見る最後の映画は「幕末太陽傳」。館主亡き後、館主の妻と結婚して館を守ってきた映写技師。彼が語るオリオン座と西陣をめぐる物語は、親から聞かされていたうわさ話とは違っていた。そして、日帰りで東京の別居暮らしに戻るはずの二人は、京都駅へ向かうタクシーの行く先を老舗ホテルに変えた。

どれも実に濃密な作品だ。好みは人さまざまだろうが、僕が選ぶとすれば、「ぽっぽや」「角筈にて」と「オリオン座…」かな? 特に「オリオン座…」は西陣の灯が細くなり始めた時代が舞台。それは1960年代前半、僕の学生時代とぴったり重なる。そのころはまだ水上勉の『五番町夕霧楼』の舞台が名残をとどめていた。


 読み終えて知った。この短編集で浅田は直木賞をもらったという。思わず拍手したくなった。この先、何度か読み返す予感がする。


[PR]
# by shimazuku | 2018-11-15 09:26 | Trackback | Comments(0)

柴木川渓谷を歩く 2018/11/11

 広島自然観察会という気ままなグループに参加して、かれこれ5年になろうか。年会費を納めて月に一度の観察会。毎回案内が来る。でも参加は自由で、事前連絡も不要。

行きたいときは弁当をつくって、集合場所へ集合時間に行けばよい。僕たち夫婦は中国山地での観察会にはたいてい参加する。瀬戸内沿岸とか賀茂台地はほとんど参加しない。

で、今回は10()。晴天に恵まれて柴木川の渓谷を歩いた。09.40深入山ふもとの水梨林道入口駐車場に集合。マイクロバスで林道の終点まで下り、そこから動植物を観察しながら、ゆっくり歩いた。

三段滝、二段滝には行かず、ひたすら渓谷を下った。紅葉のピークは過ぎていたが、すれ違う人の多いこと。「アンニョンハセヨ」「ハーイ、サンキュウ」「ナマステ」など外国語の挨拶もあって、いささか驚いた。黒淵の河原で弁当を食べるまで、至ってスローペースなので、疲れることもない。

樹木や草の名前をたくさん教わったが、メモを見ないとほとんど思い出せない。5年ほど前、猿飛で知り合いの船頭さんに乗せてもらったとき、船着き場でたくさんのイワナが産卵していたのを思い出した。でも今回は少し早すぎたかもしれない。その代わり、潜水があまり得意でないカワガラスに遭遇して、思わず笑ってしまった。

三段峡遊歩道を歩いたのは何年振りだろう。滝を巡らず、渓谷を下るというコース設定がおもしろかった。

14.30に旧三段峡駅へ到着。まとめの話を聞いた後、再びマイクロバスで深入口の駐車場へ戻り解散。来月は白木山ふもとの檜山界隈を歩く。


[PR]
# by shimazuku | 2018-11-11 22:12 | Trackback | Comments(0)

雨読メモ26/18 『原民喜』 2018/10/30

 もう10月も終わり。気づけば晩秋がすぐそこまで来ている。元家具職人さんが、今年も菊を軒下に飾ってくれた。だが、しばらくブログ更新どころではなかった。

d0165740_15595029.jpg

というのも、冬に備えて風呂を沸かす薪を運び込まねばならない。20日から8日間、山に積んである薪を家に運び続けた。運んだ薪を家の裏に積む。大量にあるのでホームセンターで鋼管を調達し、クランプでつないで小屋のような仕掛けをつくった。高さ3メートル、幅1.8メートル、奥行き4メートル。

山で運搬車に積み込み、家に帰ってまた小屋に積む。1往復2時間、13往復が限度。それで24往復。肩は凝る、腰は痛い。それでもせっかくつくった薪だから、山で朽ちさせるわけにはゆかない。くたくたに疲れた。

日本シリーズをテレビ観戦しながらうとうと。第一戦は目覚めたらまだ延長戦の最中。第二戦は鈴木のタイムリーを見逃した。

          ************

雨読メモ 原民喜』(梯久美子著・岩波新書・20187月刊)

d0165740_15590410.jpg

 岩波新書はおなじみのカバーつきだが、この本はさらにカバーがついている。新書創刊80周年とあるが、ダブルのカバーは岩波のお堅いイメージを払拭するねらいがあったのではないかと想像する。

副題に「死と愛と孤独の肖像」とある。愛する妻に先立たれ、孤独の中、郷里広島で原爆に遭遇し、1951313日夜、鉄路に身を横たえて自ら命を絶った。僕は彼の代表作『夏の花』しか読んだことはないが、これはフィクションではない。だから作家というか詩人としての彼はほとんど知らない。

梯さんというライターは、硫黄島の防衛を指揮して亡くなった栗林忠道を描いた『散るぞ悲しき』を読んでいた。取材・調査の入念さ、抑制された筆致に強い印象がある。そうでなければ、凡人が原民喜のような繊細な作家に関心を寄せることはなかっただろう。よくはわからないが、これで原民喜論は打ち止めになるかもしれない。

原爆に遭遇したのは原民喜だけではない。それでも、彼が自らの被爆体験をメモにし、それをもとに『夏の花』を書き残したという事実は、彼自身が「書かねばならぬ」という使命感のような感覚に揺り動かされた結果だろう。

複数の知人が、原民喜の作品に心酔していたのを知っている。仲間とともに熱心に作品研究もしていた。それらの知人が共通して「孤独」「孤高」の雰囲気を感じさせたのは単なる偶然だったのだろうか。
[PR]
# by shimazuku | 2018-10-29 16:00 | Trackback | Comments(0)

雨読メモ25/18 『斗南藩』 2018/10/13

 260年に及ぶ幕藩体制が崩壊して150年。勝者にとっては明治維新、敗者には戊辰戦争。自分なりに勝者でも敗者でもないところから過去を知ろうと、今年あれこれ本を読んだ。まだ釈然としないことが多々ある。

          ************

 

雨読メモ 『斗南藩』(星 亮一著・中公新書・20187月刊)

d0165740_14540401.jpg
 慶応から明治に改元されてのちに誕生した藩がある。斗南(となみ)藩。

 この幕政時代にはなかった新藩は明治2(1869)年、本州最北端・下北の南部藩領内に設けられ、廃藩置県によってわずか1年半で消えた。戊辰戦争で朝敵とされ、いわば流罪のように会津を追われた人たちの惨憺たる生活の場となった。

 ことし53日の本欄で『ある明治人の記録』(中公新書)を書いた。会津から斗南藩へ移り、苦難の末に陸軍大将に上り詰めた柴五郎の一代記。これを個人の記録とすれば、本書は朝敵の名のもと塗炭の淵にあえいだ旧会津藩の足跡といえよう。

会津から斗南へ移住を余儀なくされた藩士は、正確な数字は分からないが家族を含め17.000人前後とされる。まともな家も農地もなく、寒冷の地でその日の食事にも事欠く暮らし。武士とその家族たちは、苦い体験をいろいろな形で記録し、未来への夢も語り合っている。

しかし、飢えと寒さと差別への忍耐にも限度がある。藩を抜け出したり、北海道へ出稼ぎに出たり、江戸へ向かった人たちもいる。それでも斗南に踏みとどまって、様々な形で糊口をしのいだ人のほうが多い。そして、もとからこの地に暮らす人にとって、新来者は知識人集団でもあった。

廃藩置県で移動が自由になったあと、お役人や教員として地域に根を下ろした人、牧場を開いた人、軍人になった人…。彼らの多くは、自分たちの運命を左右した木戸孝允への言い知れぬ恨みを抱き続けた。世に言う「維新の功労者」も斗南に生きる人にとっては敵も同然だった。

著者はあとがきに「長州と仲良くはするが、仲直りはしない」という会津の格言を書き留めている。殴った人は忘れても、殴られた人はその痛みを決して忘れてはいないということか。長州と会津の和解の集いがメディアで報道されたりするが、あくまでも表向きに過ぎないのかもしれない。

学生時代の同級生に会津・猪苗代出身の男がいる。温厚な彼は山口県人にたいして特別な感情を示したことはない。それでも、わだかまりはあっただろう。本書を読みながら、学生の頃の彼の言動を思い出そうとしたが、それらしい記憶はよみがえらなかった。

薩長土肥が手を取り合って新しい国造りを、などという能天気な会合がニュースになったのはつい最近のこと。わずか1年半に過ぎなかった斗南藩だが、北辺の地に骨をうずめた人たちの墓地が見捨てられていると本書にあった。もはや墓碑の判読もままならないとも。旧斗南も同じ日本のはずだが…。

著者は1935年仙台生まれ。福島民友の元記者。


[PR]
# by shimazuku | 2018-10-13 15:00 | Trackback | Comments(0)

雨読メモ24/18 『昭和の怪物 七つの謎』 2018/10/10

 プロ野球のレギュラーシーズンも終わりが近づき、きょう10日からセリーグは消化試合で寂しい気分。6日のカープ最終戦は3-4で横浜に競り負けた。それだけではない。丸のホームラン王はソトにさらわれ、大瀬良の最多勝も菅野と並んだまま終了。最終戦敗北はリーグ3連覇を果たしたカープにとって画竜点睛を欠く結果に。

          ************

雨読メモ 『昭和の怪物 七つの謎』

(保阪正康著・講談社現代新書・20187月刊)

d0165740_09304865.jpg
 著者の保阪さんは、半藤一利さんと並んで僕の好きな歴史家である。なによりバランス感覚がいい。一つの思想に凝り固まったところがないし、むろんネトウヨとも無縁。歴史と真正面から向き合う姿勢が行間から伝わってくる。「まさに」「完全に」「真摯に」など嘘っぽさ満載のどこかの総理とは違って、言葉を額面通り受け止められる安心感がある。

 昭和の怪物とは、東條英機、石原莞爾、瀬島隆三、そしてニュアンスは異なるが犬養毅、吉田茂、渡辺和子。

はじめの3人は陸軍で秀才と呼ばれた。著者によると東條は単に小心な軍官僚にして国を破滅に導いた。石原は東條と犬猿の仲だったのが幸いして東京裁判で裁かれることもなく、「世界最終戦論」という不思議な本を残した。瀬島はシベリアに抑留され、帰国後自らの足跡を改ざんしつつ伊藤忠商事会長、中曽根政権時代は行革臨調など政治の舞台にも。ソ連スパイ説を引きずったまま没した。

5.15事件で殺害された犬養に関しては、むしろ孫娘・道子についての記述が中心。吉田は在職末期は長期政権が飽きられた。しかし、没後に軽武装、経済復興の功績に光が当たった。日米安保条約に一人で署名したのも、責任を背負い込んだためだと。安保の軛から解放されるのはいつか。

渡辺は2.26事件で陸軍教育総監だった父を目の前で殺害され、のちにクリスチャンの洗礼を受けた。晩年は岡山のノートルダム清心学園理事長に就任、彼女のエッセー集『置かれた場所で咲きなさい』は今も書店に平積みされている。

 生前、著者のインタビューに応じた渡辺は「2.26事件は私にとって赦しの対象から外れている」と驚くような言葉を口にしている。<赦し>を説く彼女が「赦さない」と。赦されざるもの。彼女の視線は手を下した青年将校ではなく、皇道派指導者の荒木貞夫、真崎甚三郎に向けられている。

著者はこれら昭和を彩った人たちの親族、腹心の部下といった身近な人とのインタビュー、膨大な著作などを通して<怪物>たちの素顔に迫る。その過程からも真実を知ろうとする姿勢が伝わってくる。東條や瀬島に向けるまなざしの厳しさに気圧された。


[PR]
# by shimazuku | 2018-10-10 09:31 | 雨読ノート | Trackback | Comments(0)