農業収入ゼロの百姓が気ままに綴る日々
by shimazuku
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
以前の記事
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...
最新の記事
雨読メモ 『大久保利通』 2..
at 2018-04-24 12:06
里山を歩く 2018/04/16
at 2018-04-16 09:31
雨読メモ 12/18『不死身..
at 2018-04-07 10:46
雨読メモ 11/18『天翔け..
at 2018-04-05 09:26
雨読メモ 10/18『天才』..
at 2018-03-28 08:58
記事ランキング
フォロー中のブログ
日替わり定食
山に暮らせば
隣のカモミール ~妻ラン...
最新のコメント
よう言った! パチパチ!
by toshi at 20:01
同感!
by toshi at 10:21
山口のタクシー会社さんの..
by umiko0 at 07:57
umikoOさん、コメン..
by shimazuku at 19:13
幼いころのタンポポと言え..
by umiko0 at 10:38
涙が出そうなくらい残念な..
by yumeko at 11:10
ぷっ♪ ま、メグ・..
by umiko0 at 13:52
高すぎる 信じられん ..
by anglimala at 21:44
なんでもプレオープンの入..
by 本当の噂話 at 23:30
はじめまして、zakky..
by zakky at 07:24
メモ帳
ライフログ
検索
ファン
画像一覧

雨読メモ 『大久保利通』 2018/04/24

雨は何日ぶりだろう。休耕田や農地ののり面、果樹の周りなどは草刈りを済ませてある。つくる水田は大型連休中の田植えに備えて粗代掻きも終えている。月末に植え代掻きをする。

 ジャガイモの芽が出た。霜が降りることもなく生育は順調。グリーンピースもイチゴも問題なし。夏野菜の苗が苗床で育っている。トマト、キュウリ、スイカ、ナス、トウモロコシ、ピーマンなど。トマト、スイカの雨よけハウスも建てた。あとはビニールを張るだけ。

 山すそを彩っていたツツジもほぼ終わり、フジの花が緑に映えている。昔はフジの花を見ることは稀だった。幹に巻き付いて杉や檜を枯らすから、蔓を見かけたら必ず切ったものだ。最近はだれも山に入らないからフジも伸び放題。結果、花が目立つようになった。

            **********

 さて、今年に入って明治維新関連の本をかなり読んだ。先日も『明治史講義』という新書を2冊買った。人物編とテーマ編。まだ一度も開いていない。書庫に『廃藩置県』という新書があるのに気づいた。いつ、なぜ買ったのか記憶にない。

『大久保利通』(毛利敏彦著・中公新書・1969年初版/201728版)

 大久保といえば西郷隆盛の3歳年下の親友、西南戦争では敵味方に分かれて戦った、という程度の知識しかない。西郷は敗戦に伴い明治109月に自刃し、大久保は翌年、東京で民権派士族6人に斬殺された。

 大久保や西郷は、開国論者である藩主・島津斉彬の薫陶を受け、斉彬亡き後は久光に仕えて幕末・維新の立役者となった。ある時は武力を背景に、ある時は理詰めで、幕府を崩壊に導き、新政府をけん引した。

 そうした激しい動きの中で大久保は、ことを論理的に進め、自らの思いを成就するために反対派や慎重派を説得するのに才能を発揮したようだ。これがダメなら次善の策、それもダメならさらに…といった具合に、とにかく相手の懐に飛び込んで、辛抱強く自説を通すことに力を尽くした。

 それを支えたのは偏見のなさとでもいうのだろうか。本書によると、同じ維新の功労者である長州の木戸孝允が、理想に燃えつつも自藩への思いや人脈、功名心にとらわれていたのとは対照的だったという。

 大久保は明治4年、岩倉具視を全権大使とする欧米使節団に加わって1年半の旅をした。欧米に触れた大久保は殖産興業、つまり国力とは経済力であることを思い知り、帰国後にそれを実行に移す。留守中の政府を預かった西郷は数々の新政策を採用しながら、自らが信じる「力」への思いを捨てきれず、大久保との距離が広がった。

 明治という時代は藩閥政治と言われつつも、薩摩は大山巌や東郷平八郎といった軍人が記憶に残る程度。これに対して長州は伊藤博文はじめ多くの首相を輩出し、その尻尾はお友達を重用する現在の安倍政治につながっている。

 この薩摩と長州の違いをぜひ知りたいものだ。


[PR]
# by shimazuku | 2018-04-24 12:06 | Trackback | Comments(0)

里山を歩く 2018/04/16

先週の土曜日(14日)久しぶりに自然観察会に参加した。場所は広島市安佐南区戸山。我が家から20キロくらい南西に位置する。里山の景観も、民家のたたずまいも僕の周囲とほぼ同じ。

 渓流沿いに2キロほどの林道を歩きながら植物や野鳥を観察した。市内でも数少なくなったマツタケ地帯ということで、アカマツがかなり健全な姿で残っているのに感心した。スギ、ヒノキの造林地もあるが、手入れした林地と放置されたところの差は歴然としていた。

d0165740_09292959.jpg

 オオルリが芽吹き直前の木のてっぺんで美声を聞かせてくれた。おまけに古巣も見つけた。こんな道端の岩場に営巣するのかと驚いた。山桜が散るのをせかすようにツツジ(コバノミツバツツジ)が目を癒してくれた。

 小雨が降る中、法隆寺という高貴な名前のお寺の下で水生生物を採取し、解説してもらった。見慣れているトビゲラ、ウスバカゲロウ、サワガニなどの生態は、ふだん見慣れているのに新鮮だった。つまり知らないことだらけ。

d0165740_09250055.jpg

 雨が強くなったので正午過ぎで予定を打ち切ったが、久しぶりの観察会を堪能できた。ただし、足が弱っている現実に愕然とした。



[PR]
# by shimazuku | 2018-04-16 09:31 | Trackback | Comments(0)

雨読メモ 12/18『不死身の特攻兵』2018/04/07

40年近く前、制服姿も初々しい巡査さんが派出所に赴任し、名刺を交換した。妙に気が合った彼が、この春の異動で本署の署長になって1日付で着任したと聞いた。懐かしくなって過日、会いに行った。

来年で定年だという。僕は警察官に知り合いはほとんどいない。年賀状をやり取りしている現職警察官は彼だけだ。昔話に花を咲かせ、再会を約して1時間ほどで別れた。

          **************

 『不死身の特攻兵』(鴻上尚史著・講談社現代新書・201711月刊)


 陸軍の第1回特攻隊「万朶隊」パイロット佐々木友次さんは、9回出撃し9回とも生きて還った。戦後70年たった2015年、著者は92歳の佐々木さんに入院先の札幌でインタビューした。

 爆弾を搭載した飛行機もろとも米艦に突っ込んだ特攻兵の多くは、生還することはなかった。でも佐々木さんのような例外もあった。離陸直前の空襲で出撃をやめたりエンジンの不調で不時着したり…。むろん艦艇爆撃もした。

 逓信省のパイロット養成所で育った佐々木さんは、特攻はまともな戦法ではないと思い続けた。爆弾を投下して相手にダメージを与えるのが本来の姿だと。何度かの出撃で戦果をあげた。2度も戦死が発表され、軍神に祭り上げられたこともある。でも実は死ななかった。

 「死ななくてもいいと思います。死ぬまで何度でも行って、爆弾を命中させます」。そう言って上官に反抗した。当然、にらまれた。「臆病者」とののしられた。確たる証拠はないが、彼を密かに殺害しようとした参謀もいた。特攻兵が生還しては困るからだ。

 彼が搭乗した特攻機はゼロ戦ではない。800キロの爆弾を積んだ軽爆撃機だった。速度は遅く、敵の戦闘機に追われればひとたまりもなかった。それでも生き残った。


 日本軍の特攻作戦は、どう考えてもまっとうな作戦とは言い難い。海軍で発案され、2週間後に陸軍も追随し、多くの若者が海に消えた。爆撃機の隊長は機首に装着した3本の信管のうち2本を外し、無断で、手動による爆弾投下ができるように改造した。そんな部下思いの上官もいた。でも上官も戦死した。

 出撃命令を下した司令官は「俺も必ずあとに続く」と言いながら、敗色が濃くなるとフィリピンから逃げ出した。「今度こそ必ず死んで来い」と命じた参謀と戦後に再会した。彼もまた、あれこれ言い訳を口にした。佐々木さんは反論しなかった。

 「戦争ができる普通の国」には戻りたくない。





[PR]
# by shimazuku | 2018-04-07 10:46 | Trackback | Comments(0)

雨読メモ 11/18『天翔ける』 2018/04/05

ツバメが先月25日に帰ってきた。でもしばらく家出して不在だった。きょうはつがいで再び姿を見せて何やらチュピチュピしゃべっていた。

          **************

 『天翔ける』(葉室麟著・角川書店・201712月刊)


 この本の広告が新聞に載った昨年暮れの1223日、著者の訃報も同時に載っていて驚いた。さっそく本屋に行ったが、田舎の書店のせいかなかなか入荷しない。しびれを切らして大型書店でやっと手に入れたのが1か月後。

 なぜ急いだか。著者の急死という特別な思いもあるが、実は幕末の幕府側の動き、とりわけ開国を支持した大名のことを知りたく、著者が松平春嶽をどう描いているか強い関心があった。

 結論からいうと、著者が春嶽を見る目に特に新しいものはなかった。春嶽の知恵袋ともいえる藩内外の俊才は幕末に相次いで殺されている。安政の大獄で処刑された橋本左内、熊本から招へいしていた横井小楠、さらに加えれば坂本龍馬もいる。

 それでも春嶽は、あの混乱期に幕府の要人をつとめ、維新後の新政府でも重用されている。しかしいずれもごく短期間で、彼の外国との交易を重視しようとする政策はすぐには受け入れられなかった。

 いま、幕末・明治を少しでも知ろうと『廃藩置県』(中公新書)も読んでいるが、とにかく複雑である。あの時代をぶれることなく生き抜いた人は、よほどの理想家か権力欲の権化かであろう。春嶽は前者に属する人だが、結局、維新の歴史に大きな足跡を残すことはかなわなかった。


[PR]
# by shimazuku | 2018-04-05 09:26 | Trackback | Comments(0)

雨読メモ 10/18『天才』 2018/03/28

今日28日は49回目の結婚記念日-。なのだが、もう1か月近く冷戦が続いている。見た目の暮らしは普段通り。でもほとんど会話が続かない。来年の今日、つまり金婚の日までには会話も戻っているだろうと楽観している。

          **************

 『天才』(石原慎太郎著・幻冬舎文庫・1月刊)

 2年前、単行本が出てベストセラーになった話題の一書。これもまた単行本の売れ行きが一段落したころを見計らって文庫化された、最近はやりの文庫本。出版社の狙い通り、再びベストセラーになっている。僕のように「やがて文庫になる」と当て込んだ読者がたくさんいたことの証だろう。

 文庫にしては活字が大きいし、行間もゆったりしている。つまり速読にはもってこいのつくり。だからものの3時間で読み終えた。

 田中角栄の評価は「棺を覆いてこと定まる」とはなっていない。でも棺を覆って歳月が経過するごとに彼の存在は大きくなっているように思う。なぜか。それはお坊ちゃま総理への絶望感からに違いない。

 角さんが提案者となって成立した議員立法のリストが巻末に載っている。最も有名なのは、ガソリン税を道路財源に充てるという法律だろう。車社会が到来するはるか以前に、角さんはこの法律を発想した。そして車が増えれば増えるほど道路が整備され、それが車の普及を助長するという循環をつくった。

 そういう発想が「天才」政治家と呼ばれる所以だろう。

 その角さんがロッキード事件の主役となってからは状況が一変する。彼はアメリカの虎の尾を踏んだ。アメリカ抜きの日中国交回復がその典型。つまり、戦後日本のアメリカ追従政治の禁を犯した。

 田中政治の追及に急だったのが、著者の石原慎太郎だった。その彼が、一人称で角さんを書いた。しかも「天才」として。著者もまた角さんには脱帽せざるを得なかったということ。

 僕のような風見鶏は、角さんの直感力と、何事かを成し遂げるための行動力には脱帽し、錬金術には顔をしかめるのが関の山。ただ一つ言えることは、いまの政治家に、角さんのような強さを持った政治家がいないことだろう。

 憲法を変えるというおじいちゃんの遺言? にしがみつき、政権の座にしがみつく政治屋と角さんとの圧倒的な落差をかみしめた。


[PR]
# by shimazuku | 2018-03-28 08:58 | Trackback | Comments(0)